不動産によって収益を得る|一定の収入を得ることができる|土地活用で駐車場を経営

一定の収入を得ることができる|土地活用で駐車場を経営

不動産によって収益を得る

お金とそろばん

利回りを意識すべき

初心者が不動産投資をする時に最も意識するのは入居率だと言われています。収益物件を購入しても利用者が現れなければ、収益源として機能させられないので当然の発想です。しかし収益源として機能するのは、初期投資額の回収が完了してからだと言えます。何もしなければお金を投資する必要はなかったので、不動産投資に用いた金額を考慮すべきなのは当然です。不動産投資で最初に使用したお金を満室時の賃料で割った値は利回りと呼ばれています。利回りが高くなるほど初期投資額の回収が早く完了するのです。つまり収益源にするという不動産投資における本来の目的を達成出来ます。それ故に不動産投資では入居率よりも利回りを意識すべきだと言われているのです。

利回りの優れた地域の特徴

利回りは初期投資額が大きく影響するので、単に賃料が高い地域を選ぶだけでは効果的な戦略を展開出来ません。日本では兵庫県の様な地域が利回りを意識する上で最適だと言えます。兵庫県は不動産投資に求められる金額がリーズナブルであり、人口密度も高いと評価されています。初期投資額を抑えるだけでは常に満室を維持するという目標をクリア出来ません。例えば人の少ない田舎の不動産は安価ですが、利用者が現れないという問題が残ります。それ故に兵庫県の様な不動産価格と人口のバランスが取れた地域が理想なのです。兵庫県では生活するための施設や働く場所である企業が充実しています。兵庫県と同じ様な要素を得ている地域であれば、不動産投資に適した環境だと言えるのです。